アドバンス情報システムにおけるSDGsへの取り組み

アドバンス情報システム(以下AIS)は持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献します。

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月「国連持続可能な開発サミット」で採択された、国連加盟193ヶ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。
17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

AISが取り組む優先課題

4.質の高い教育をみんなに8.働きがいも経済成長も

  • 社員研修や社員教育を通じて、従業員の自己開発および能力開発の向上をサポート。
  • 有休消化率の向上や社内の働きやすさ、および残業ほぼ無しなど働き方改革。
  • 自由に休憩が取れるコーヒータイムなどがあり働きやすい環境が作られている。
  • 土日出勤をした場合には振り替え休日が取れるなど、休日も充実しワークライフバランスが取れている。

3.すべての人に健康と福祉を5.ジェンダー平等を実現しよう

  • 年に一度、平日の業務時間に健康診断が受けられる。
  • 産休制度を設けている。
  • 男女問わず人柄で判断した採用活動を行っている。
  • インフルエンザワクチンの接種を受けることができる。
  • ハラスメント防止に努めている

12.つくる責任つかう責任15.陸の豊かさも守ろう

  • ごみの分別をしっかりと行っている。
  • ペーパーレス活動に努めることで環境に配慮した生活を送っている。

一人一人の意識改善により、国及び世界
そして企業が豊かになるように行動していきましょう。
SDGsを通して更により良い企業開発を行っていきます。